■ 10年2012.8.18

どんなに切なくてもどんなに苦しくても・・・
なにが何でも10年間はやり続ける・・・
 
そう覚悟を決めて始めたEcru


2012年,7月3日、10年を迎えた。。。


振り返ると切なかった事もたくさんあったはずなのに嬉しかった思い出ばかり思い出される。
ただ・・・
辛い事を越えると出会いがあったり、ステップアップしていたのは事実で、
スキルアップする為には必要な事だったんだと改めて感謝している。


開店した頃赤ちゃんだったお客さんが小学生になって来店してくれた。
転勤で今は東京にいるそうだ。
松本に行くならEcruに寄りたい。ずっとそう思っていたと言ってくれた。
あの赤ちゃんが・・・10年って月日はやっぱり長いんだ。。。

転勤で今関西方面に住んでいるお客さん、
夏休みに信州に行こうと計画。伊那でキャンプと言っていた。
信州に行くならちょっと足を延ばしてEcruに寄りたい・・・って来て下さった。
伊那からEcruまで1時間以上あるでしょうって笑いながら話したけど嬉しかった!!

息子が久しぶりに帰ってくるんだと言いながら嬉しそうにパンを選んでいるお客さん。
息子がいないとなかなかパンを買いに来るずく無くてねぇ・・・
なにが食べたい?と聞いたらEcruのパンが食べたいって・・・
久しぶりに会える息子さんを想いながら嬉しそうなお客さんを見ながら私も嬉しかった


私の理想のパン屋に近づいているのだろうか・・・
時々不安になるけれど、
お客さんとのやり取りが明日も頑張ろうという力になり、頑張り続ける事ができたと思っている。
Ecruに来ると元気になれると言って下さるお客さんがいるけど、、、
私達が元気をいただいているんだ。
笑顔が笑顔を、元気が元気を!!


本当にありがたいことです!!


10年を過ぎてもまだまだやりたい事があるので・・・
まだまだやります。
夢をかなえるために・・・











CGI-design